米国ダスティストリングス社製ハープのお手入れについて


Ray Mooers氏とSue Mooers夫人(オーナーご夫妻)

 米国ダスティストリングス社のハープ製品は、高品質の原材料を使用し、デザインから製作工程にいたるまで、細心の注意をはらって作られています。大切に使っていただけば、何十年にも渡ってよい音色を奏でるはずです。そのためにも、ダメージからハープを守るために注意すべき点についてご理解いただくことが大切です。

1)温度管理

 米国ダスティストリングス社製のハープを高温下に置くことは避けるようにしてください。高温にさらされると、部品の接合に使われている糊が緩くなり、その部分の強度が落ちてしまいます。糊の軟化は約45〜50度の温度で起きます。熱によるダメージは見た目ですぐ分かるわけではありませんが、弦の張力によって糊付けの接合部分が後々劣化し、分解してしまう恐れがあります。

ポイント
気温が高めの日の駐車した車の中、直射日光が当たり風通しの悪い屋内のようなところでは、このような危険な温度に達しますので、これらを避けて保管をお願いいたします。

2)湿度管理

 米国ダスティストリングス社製のハープの多くは無垢材を使用しており、見た目にも美しい木目や質感を生み出しています。この種の木材は、積層材と比べて外の環境の変化に敏感で、保管条件に注意が必要です。特に湿度が大きく上下するような環境はさけることが肝要です。無垢の材木は呼吸をしており、無垢材のハープの保管場所の湿度が高すぎると、材が膨らんでゆがみが生じる恐れがあります。逆に乾燥しすぎると、材が縮んで亀裂が入る可能性もあります。
このようなダメージから守るために、ハープの保管場所の相対湿度を40〜60%の範囲に保つようにしてください

ポイント
湿度計を設置し目視できる状態ですと便利です。

3)万が一の不具合が生じた場合

 高温・湿度の点に日ごろから気を付けることで、米国ダスティストリングス社製のハープは長持ちし、お客さまの一生の宝物になります。しかし万が一、お手持ちのハープに不具合が生じた場合にそなえて、米国ダスティストリングス社製の一連のハープ製品には、標準的な楽器メーカー保証が付いています。

 メーカー保証米国ダスティストリングス社製のFHシリーズ、クレッセンド(Crescendo)、アレグロ(Allegro)の各ハープ製品につきまして、お客さまが新品を購入された日から5年間、その原材料および製造上の欠陥がないことを保証します。ラベンナ(Ravenna)、ブルバード(Boulevard)、セラーナ(Serrana)の各製品は2年間の保証となります。
だし、弦やレバーの破損、通常の使用、不注意、事故、極度の湿気・乾燥・高温が原因の木材・金属部品や表面仕上げのダメージ、また米国ダスティストリングス社以外の者による修理・改造は本保証の対象外です。また、お客さまと米国ダスティストリングス社との間で楽器を移送(輸送)させる際にかかる費用も、本保証の対象から外れます。
証期間中に修理を依頼する際は、お手数をおかけしますが、米国ダスティストリングス社あるいは米国ダスティストリングス社指定の修理施設の方へお手持ちの楽器をご返送いただきます。米国ダスティストリングス社の方で楽器の状態を調べ、ダメージが取り扱いや保管上の不備によるものでなく、原材料あるいは製造上の欠陥と分かった場合には、無料で修理あるいは交換をさせていただきます。

●万が一、お手持ちのハープに不具合が見つかった場合は、以下にご連絡をお願いいたします。
handcrafted@dustystrings.com
お手入れについて(英語版)

【ユーザー登録のすすめ】
米国ダスティストリングス社製ハープをお買い求めのお客様は、ユーザー登録をすることにより、米国ダスティストリングス社より保証を受けることができます。

 本ページ内「万が一の不具合が生じた場合」の内容をよくお読みいただき、購入時にお渡しする書類に記載の上、米国ダスティストリングス社まで郵送またはメールに添付ください。